2017年02月23日

お雛様をかざりました。

少しづつ暖かくなって、
もうすぐ3月。

170223-1.jpg


お雛様をかざりました。

170223-2.jpg


170223-3.jpg


170223-4.jpg


170223-5.jpg


170223-6.jpg


170223-7.jpg


170223-8.jpg


170223-9.jpg




posted by せきしょかん at 16:02 | TrackBack(0) | 日記

2017年02月20日

「明治和風建築の美意識」講演会

昨日19日(日)「明治和風建築の美意識」をテーマに
赤松館の建築についての講演会が開かれました。
講師は熊本大学教育学部非常勤講師(文化財保護)
などを務めておられる原田聰明先生です。

170219-1.jpg


まず、概要の説明を米蔵で行っていただきました。

170219-2.jpg

170219-3.jpg

つづいて、実際に建物内部を見て回り、随所に散りばめられた
「明治期・近代和風建築の美意識」の解説をしていただきました。

主屋・二階の未完成の座敷と赤松館の棟札の説明です。

170219-4.jpg

170219-5.jpg

一階座敷の床の間の説明。

赤松館で公開している床の間は三か所あり、それぞれが
それぞれの特徴を有し、「真」・「行」・「草」に
なぞらえることが出来るという内容でした。

170219-6.jpg

一階座敷から眺める庭園の説明。

170219-7.jpg

その後、普段は未公開の御居間も公開され、独特の特徴を持った
床の間や欄間などの解説をしていただきました。

普段、何気なく見ている床の間でも専門家の解説を伺うことで、 
その意匠にこめられた先人の思いに触れることができました。
今回の企画が、文化財保護に役立つ事を願ってやみません。 


170219-8.jpg


この講演会は水俣・芦北地域振興計画に基づく地域振興事業として、
(公財)水俣・芦北地域振興財団の助成により実施いたしました。

posted by せきしょかん at 10:27 | TrackBack(0) | 日記

2017年02月18日

佐敷小3年生の子供たち来館

13日、佐敷小3年生の子供たちが
昔の道具や昔のくらしを学ぼうと
赤松館の見学にやって来ました。

170213-1.jpg

170213-2.jpg

170213-3.jpg

かまどや井戸など主屋の見学の後、庭園へ。

170213-4.jpg

170213-5.jpg

みんな元気いっぱいで
池の周りを一周した子もいました。
その後、米蔵で火鉢や子供の着物の試着などを体験。


170213-6.jpg

170213-7.jpg

170213-8.jpg

なかでも、「げた」を履くのは初めてだったみたいで
行列ができるほどでした。





posted by せきしょかん at 13:18 | TrackBack(0) | 日記

2017年02月04日

1月30日防火訓練

文化財防火デー

昭和24年1月26日に奈良・法隆寺の金堂が炎上。壁画が焼損した事を教訓として、
毎年この時期全国的に文化財防火の為の訓練が行われています。

今年も赤松館の防火訓練のため、はしご車が出動。

170130-1.jpg

170130-2.jpg

訓練開始です。

170130-3.jpg

170130-4.jpg

最大限はしごを伸ばすはしご車。

170130-5.jpg

170130-6.jpg

かなりの高さまではしごが伸びています。

消火器を使った初期消火の訓練。

170130-7.jpg


文化財の保護には、天災のみならず人災にも、注意・対応が必要です。

訓練に参加して頂いた方々、消防署の方々、ありがとうございました。





posted by せきしょかん at 11:14 | TrackBack(0) | 日記